カジマ・リノベイト株式会社

社長挨拶

当社は、鹿島建設のグループ会社として、土木構造物の「補強・補修・リニューアル・維持管理」を「調査・診断・施工」まで一貫して行うというミッションを持って1994年に設立されました。
設立24年目の現在、社員数は86名となり、北海道から九州までの全国で活動しております。

経営理念には「構造物の長寿命化により安心・安全な社会資本の提供に寄与し社会への貢献とともに社業の発展を成す」と謳っており、新規の大型プロジェクト等の社会資本整備がほぼ一巡した現在、ストックされたインフラ設備を今後如何に守り、活用するのかという重要課題に取組んでいます。

当社は、技術開発に関しては鹿島建設と密に連携しており、鹿島グループの総合的な技術力・ノウハウを活用して、新工法・新製品の開発にも積極的にチャレンジしています。

社名の「リノベイト」は、「修復する」という意味とともに「革新する」といった意味合いもあります。
「補修・補強」が社業のコアではありますが、その周辺技術や一見無関係と思われる異分野の技術も取り込んで、会社のポテンシャルを大幅に「革新」していく所存です。

今後も社会から信頼され続けることをモットーに何事にも前向きに取り組んで行きますので、ご愛顧・ご鞭撻を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

2018年6月20日
カジマ・リノベイト株式会社
代表取締役社長 西村 佳也
ページの先頭へ戻る